スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<大雪>14日にかけ日本海側中心に(毎日新聞)

 急速に発達する二つの低気圧と強い寒気の影響で13日から14日にかけて日本海側を中心に大雪などの恐れがあるとして、気象庁は12日、暴風と高波、大雪に関する気象情報を発表した。

 気象庁によると、二つの低気圧がそれぞれ日本海上と日本の南海上を発達しながら北東に進み、13日朝には強い寒気が日本海上空に流入、冬型の気圧配置が強まる。

 東北から西日本では13日未明から昼過ぎにかけて、沿岸や海上を中心に風が強まる見込みで、予想される最大風速は陸上で15~25メートル、海上で20~25メートル。海は波の高さが6メートルの大しけになるという。

 西日本では太平洋側の平地でも広い範囲で雪が積もると予想される。13日午後6時までの24時間降雪量は多い所で▽東北、北陸、群馬県、岐阜県60センチ▽長野県、近畿北部50センチ▽中国地方40センチ▽近畿中部、四国、九州北部20センチ▽九州南部10センチ--の見込み。

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
雪:上信越道で車スリップ、東海道新幹線減速で5万人影響
大雪:雪下ろし73歳死亡 東北などで30~40センチ
スキー場:雪たっぷり 絶好のコンディション 岐阜・郡上
気象庁:今冬は平年並みの寒さ 「予想外だった」と説明

きいちろうのブログ
しょういちのブログ
モバイル ホームページ
クレジットカード現金化
債務整理
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。